住宅ローンを滞納せずにすみました。

夫にもばれず、子供もそのまま学校に通える!

主婦のAさんは、夫と結婚して数十年、子供も学校に通うほど大きくなり、念願のマイホームも数年前に手に入れ、幸せな生活を送っていました。

ですが実はAさんは、誰にも相談できない借金の悩みを抱えていたのです。

借金に悩む女性

マイホームを購入後、1年ほどたってから、徐々に生活費が足りない状況が目立ってきました。

そのため、ちょっとずつ貯金を崩して生活していたものの、ついにはその貯金もなくなり少しずつお金をかりて、日々の生活を過ごすようになっていたのです。

Aさんはパートをしていましたが、それでもお金は足りませんでした。

ですが家計を任されている主婦という立場から、借金の事実を夫に話すわけにもいかず、毎日、辛い日々をおくっていたのです。

そのためAさんは、地元で行われている、借金の無料相談に行ってみました。

相談時間が限られていたため長い時間はなすことは出来ませんでしたが、夫にばれず、借金問題を解決する方法はあるという話をきくことができました。

それが債務整理という方法に出会うキッカケだったのです。

後日Aさんは早速、債務整理の手続きをはじめ、夫にばれずに借金をなくすことが出来ました。

マイホームもそのまま残り、生活も今までどおりです。

Aさんのような状況に悩む主婦は非常に多いと考えられています。

マイホームの住宅ローンというものは、30年前後が一般的ですから、景気の状況により支払額が変動することで、家計に大きく負担をかけることもあります。

また、子供が大きくなっていくことで、養育費が当初の予定よりも多くかかる可能性もあります。

長期にわたって支払いが続くものに関しては、あらかじめ余裕を持って計算し、計画をしっかりとたてることが必要です。

このような場合状況がさらに悪化してきてしまうと、最悪の場合はマイホームを手放さなくてはならないこともあります。

Aさんの場合は早い段階で借金の相談をすることで、被害を最小限に食い止めることが出来たといえるでしょう。

家計の悩みは夫婦二人の問題ですから、一人で抱え込む必要はないのです。

長期で借金の返済をしている場合は、過払い金が発生しているケースも多いです。困ったらすぐに弁護士などの専門家に相談してみましょう。払い過ぎたお金が戻ってくるかもしれませんから。

住ローンの滞納が続けば、最悪の場合、マイホームを手放す事になるかもしれません。家族のことを考えれば、競売を回避し早期の解決が大事ですね。

「債務整理」と住宅の売却(任意売却)を一つの窓口で相談できます。24時間、全国対応、秘密厳守の無料相談窓口は下記です。


このページの先頭へ